電話占いのトラブル

電話占いにトラブルは付き物です。やはり、顔が見えない同士のやり取りなのでリスクは多少あります。

使い方をちゃんと理解しておかなければ損をする事にもなりかねません。

やはり、普通の店舗型の占いより値段が少し高いと言う事です。

店舗型の占いにも延長料金は有りますが、電話占いの延長料金はかなり

高めの設定になっています。

やはり、便利な分金額の設定が高いのかもしれません。

そして、顔が見えない分信頼関係も築けないので不安な所ではあります。

電話占いサイトで顔を出している占い師が電話の相手なのかどうかもわかりません。

もしかしたら、本当は存在しないのかもしれません。電話占いは顔が見えないので本当の所は全くわかりません。

だから、ちゃんとリサーチする必要があります。

過去にトラブルは無いか、本当に良い電話占いサイトなのかをちゃんと判断しなければいけません。

電話料金も何も分からずにかけてしまうと大変なことになります。

延長料金がかかるタイミングをちゃんと分かっておかないとかなりのリスクが発生します。

金額の請求がきた瞬間に失神しそうになるくらいの金額も普通に請求されたりします。

泣き寝入りするしかなくなってしまう前にちゃんと金額システムを確認しておきましょう。

しかし、騙されるのは消費者だけではありません。占い師側も消費者に騙されてしまうこともあります。

鑑定するだけ鑑定して置いて鑑定料を振り込まないケースもあります。

延滞料金がどんどん膨らむ事により連絡がつかなくなって音信普通になってしまう場合もあるのです。

一生懸命鑑定しても金額を払ってもらえないとただのボランティアにすぎません。

占い師さんもボランティアでやっている訳ではないのです。

予約するだけ予約してキャンセルしたり電話に出なかったりもあります。

キャンセルされてしまうとキャンセル料も発生します。

しかし、ほとんどの人がキャンセル料を払いません。

鑑定時間に穴があいてしまい占い師さんがマイナスになるだけなのです。

ちゃんとしない消費者もいます。

よくないですね。

この様に顔が見えない事により責任感や信頼関係が築けないパターンも多くあります。

ちゃんとルールは守らなくてはいけません。

占いと言うものは、目に見えないものです。

しかし、それを頼って多くの人が鑑定を依頼します。

それぞれに深刻な悩みを抱えています。

そのような人達がこれから明るい未来を歩いていけたらいいと本当に思います。


SetPageWidth