オフィスで使用する中古コピー機の導入

オフィスでは、絶対に必要になってくる必須アイテムがいくつかあります。業務で使用するパソコン、机に椅子がひつようになることはもちろんのこと、電話やコピー機も必要になってきます。電子化が進んでいる昨今においてですら、契約書に署名、捺印をするのは紙ですし、営業では取引先に商品説明に上がる時にもやはり紙媒体の説明書を持って行かなければ失礼にあたります。日常の業務でも例えば経理部では請求書を発行して相手先に送付する必要が出てきますし、会社の案内などを総務部が出す場合もコピー機が必要になります。まだまだ紙の需要がある企業文化ですので、部署ごとにコピー機が必要であり、その使用頻度は決して少なくはありません。会社の業務上一つの部署に1台はコピー機が必要です。

中古コピー機の導入の検討

会社経営者としては、固定費であるコピー機はどうすれば安く導入できるのか考えるところでしょう。コピー機を導入する方法はいくつかありますので、会社の経営方針に沿って比較検討すべきです。まず、新品のコピー機を購入する方法があります。新品の複合機は一般的に高額になる傾向があり、特に最近のコピー機はコピー機能だけではなくスキャナーや画像の保存機能、ホチキスやパンチの穴あけまでしてくれる機能を持つコピー機もあります。高機能の製品を導入すると、一台何百万円もするコピー機を各部署に配置するとなるとかなりの高額になります。その予算を一度に組むことが出来ないという場合は中古コピー機をどうにゅうするという方法を取ることも出来ます。会社の財務状況を考えながら検討しましょう。

新品に比べると安価な中古コピー機

中古を導入する利点はやはり、製品そのものの値段を抑えることが出来る点です。一台あたりの導入コストを抑えることが出来れば、特に部署が多い会社で一斉にコピー機の導入をする場合には予算を削減することに繋がります。また、コピー機も定期的に新製品が導入される市場ですので、新しい製品が出ると古い機種は機能はさほど変わらなくても安くなる傾向にあります。限られた機能しか使用しない場合は中古の製品も検討の余地があるでしょう。また、コピー機はリースが一般的な使用ですので、リース契約が終わり、払い下げられたコピー機が中古市場に流れることを考えると、コピー機の選択肢も広がると言えます。機械ですので、何か不具合が起きた場合のサポート体制も考えながら、導入をするか検討するようにしましょう。